気になる症状は早めに改善!食とサプリで健康キープ

いろいろな症状

二日酔い対策

二日酔いになってしまった時に、非常に効果的なサプリメントがあります。それはオルニチンです。
そもそも、なぜ二日酔いになってしまうのかというと、アルコールを摂取するスピードがアルコールを体内で分解するスピードを上回るためです。こうして分解しきれなかったアルコールが血液の流れに乗って全身に巡り、頭痛、吐き気、全身倦怠感などといった様々な不調をきたしてしまうのです。
アルコールを体内で分解するのは、肝臓の分解酵素です。この肝臓が1時間で分解できるアルコール量は、ビールなら中ジョッキ1〜2杯、ワインならグラス1杯ほど。つまり、このぐらいのペースを守って飲酒できれば、おおむね二日酔いを防止できるのです。
しかし、時にはハメを外してついつい飲み過ぎてしまい、二日酔いになり後悔する、ということもありますよね。こういう場合に、オルニチンのサプリを摂ることをオススメします。
オルニチンには、肝臓の分解酵素の働きを助ける効果があります。食べ物では、シジミなどの貝類に豊富に含まれる成分なのですが、シジミをたくさん用意して食べるのは手間も時間もかかり、難しいですよね。しかしサプリメントなら、ドラッグストアなどで手軽に手に入れることができますし、普段から常備しておけばいざという時すぐに飲むことができてとても便利です。

先日、知人とお酒を飲んでいて「日本酒行きますか?」「いや、明日仕事できなくなっちゃうよ」なんてやり取りがありました。皆さんご存知ないかもしれませんが、お酒を飲む前、お酒を飲んでる最中、お酒を飲んだ後にそれぞれできる二日酔いの予防策があるんですよ。その方法は、こちらの二日酔い予防大作戦にあります。管理人も決してお酒に強い方ではなかったのですが、こちらのサイトを見てからだいぶタフになりましたよ。もちろん飲み過ぎには気をつけていることは変わりありませが。

便秘の悩み

普段便秘に悩んでいる人の中には、できるだけ自然な形で便の滞りを解消したいと思う人も多くいます。便がたまることでガスが発生し、そのガスが血液をめぐることで肌が荒れるといった様々なトラブルを引き起こします。特に女性の場合は肌あれを防ぎたいと思っている人が多いです。そんな人たちにおすすめなのが、便通をよくする成分が含まれたサプリです。便通をよくするためには腸内環境を整える必要があります。善玉菌を増やすことで腸の蠕動運動を促進し、便通をよくすることができます。腸内環境をよくするためにはビフィズス菌や酵母菌が含まれているものを摂取することが理想です。そうすることで腸の中の善玉菌を増やし、自然な形で腸内環境をととのえ悩みを解決することができます。

普段から腸内環境をよくする成分を摂取し続けることが大切で、続けられる方法を選択することが重要となります。一時的に便通をよくする下剤などは乱用することで効き目が弱くなることがあります。したがって薬を使わずに体が本来持っている力を後押しするような成分が含まれた食材や薬を使うことが理想です。他にも、善玉菌の餌となるオリゴ糖が含まれたものも今注目されています。

便秘というと薬に頼りがちですが、薬のようで薬でない便秘解消グッズもあります。もちろん自然の食事摂取などで食物繊維を多く摂れればいいのでしょうが、毎日必要量取るのって大変です。自然なお通じが毎日ある人でも、便秘解消グッズを使っている人は多いんですよ。私も普段から便秘改善に効果のあるお茶を飲んでるぐらいです。他にもこちらで便秘解消グッズをご紹介しているので、続けやすそうなものを選んで試してみるといいですよ。

偏頭痛の悩み

頭痛は本当に辛いもので、すぐに改善できるものでもない。その中でも特に偏頭痛に悩まされる人は特に多い。
原因の多くは運転業務やパソコンを使用したものなど、目を酷使するものである。それらにより肩こりや眼精疲労が引き起こされ頭痛につながっていく。
その偏頭痛での弊害が起こるのはやはり仕事中である。日々の業務が運転やデスクワークなどではその頭痛により業務に支障が出てしまうことも多々ある。
そして頭痛を我慢しながら業務に取り組もうとすることで更に体調を崩すということもある。あまりに我慢を続けた結果業務を続けることすらままならなくなってしまうことがある。
そうならないためにも頭の痛みを感じた際は早めの対処が必要となってくる。
医者で処方されたものはもちろん良いが、それがなければ市販の薬を常備しておいたほうが良い。頭が痛くなりそうだと思った時にすぐに薬を飲んで少し目を休めるなどして身体が落ち着ける状態を作ると、痛くなる前に防ぐことができる。
頭痛が起きた時に大変なのは自分であるが、それ以上に業務に支障をきたすことの方が多い。常に自分の身体の状態を把握し、頭痛が起きないように自分で体調管理をしていかなくてはならない。

更年期障害の症状

女性にとりまして、ある年代になりますと「更年期」という時期になり それに伴う「更年期障害」というものにもなりやすくなります。
この更年期障害の症状は 本当に多種多様で、人によって様々な症状が出てきます。
例えば、身体がだるくなるという倦怠感、あとは不眠、冷え性、イライラ、気分の落ち込み、汗が出る等です。
更には、肩こりや手足のしびれ、、動悸、めまい、生理不順等が起こる場合もあります。

ただ、その症状が更年期からくるものなのか、もしくは内臓等の病気なのかというのを素人判断してしまうのは危険です。
今は婦人科でも「更年期外来」がある病院もありますし、仮にそういう外来が無くても 婦人科等で相談できますので、気になる症状が出た場合は まずは婦人科へ行くことが良いです。

もし「更年期障害」と診断された場合 お薬等を処方して頂ける場合もありますし、市販薬等を勧められた場合でも 今は様々な更年期障害に対処する市販薬もありますので、薬剤師さんと相談して服用する事が得策です。
更年期からくる不定愁訴は、なかなか改善しにくかったり 特効薬等もすぐさま自分に合う物が見つけにくいかもしれませんが、決して改善できない症状ではありませんので、自分だけで解決しようとはせずに専門家の意見を聞く事が大切です。

更年期障害は病気ではありませんので、収まるのを待つしかありません。体調の問題です。ただ、できればそんなものは来ないで欲しいし、予防や対策ができるならしたいもの。予防はできませんが対策は出来ます。
まずは更年期障害について正しい理解をすることです。まず、誰もがなってみないと分からないのですがどうなってしまうのか知っておくことで、自分に異変が起きた時でも現象を受け止めることができるからです。
そしてもう一つが更年期障害の症状の緩和や予防を目的としたサプリメントを飲むこと。近年では、更年期障害の緩和を目的としたサプリはたくさん販売されています。手軽なサプリからまずは試してみてはいかがでしょうか。

痛風の悩み

30代を超えて通風になる人が増えているようですね。というか、20代の4人に1人は通風予備軍だと言われています。その原因は、乱れた食生活にあると言われています。通風はプリン体の多いものを食べ過ぎが原因です。特に、ビールにはプリン体が多く含まれています。もっと具体的に言うのなら「30~50代の男性で肥満気味、ビールと味の濃いおつまみをよく食べ、生真面目で日常的にストレスを抱えている人」ということになります。皆さんの周りにそんな人は山ほどいませんか?現代人とは切っても切れない病気なのかもしれません。そこで、通風予防としてお勧めなのがアンセリンという成分のサプリを日常から飲むことです。アンセリンは疲労回復に効果があることで知られていましたが、最近の研究では尿酸値を下げ、通風を予防する効果があることも分かっています。

アンセリンとは魚類の筋肉に含まれる成分です。特に遊泳能力の高いマグロ、カツオなどの魚に多く含まれています。その効能はまず、疲労の改善です。アンセリンは疲れのもとである乳酸をエネルギーに変え、蓄積を軽減するので、摂取してから運動をすると疲労しにくく、運動が持続しやすくなります。また、抗酸化作用があるため、筋肉痛の予防にも役立ちます。

次に痛風の予防です。痛風とはプリン体の過剰摂取によって血液中の尿酸値が高くなることで起こる症状です。慢性的症状の場合には激痛を伴うことがあり、風が吹いても痛いことから痛風と言われています。そんな痛風ですが、アンセリンを摂取することで、尿酸値を下げる効用があります。また、尿酸値が高いと痛風だけでなく、腎不全、尿路結石、動脈硬化、心筋梗塞など様々な生活習慣病や、メタボリックシンドロームの罹患のリスクが高まります。よって、アンセリンの摂取によって尿酸値をコントロールすることで、様々な病気のリスクを軽減できるのです。

また、アンセリンは抗酸化作用があるので、体や肌を若々しく保つ、アンチエイジングなどの美容目的にも役立ちます。サプリメントで手軽に摂るのもいいですし、マグロやカツオなどの食品から摂取するのもおすすめです。

眼精疲労の危険性

眼精疲労は長時間物を見ることによっておこり、その弊害は日常生活に重大な悪影響を及ぼす場合が多くあります。
眼精疲労になってしまうと物を見るだけで、目に疲れを感じたり、目に痛みを感じたり、目が充血したり、目が重く感じたり、しょぼしょぼしたり、物がぼやけて見えたり、と普段できていることが普通にできなくなってしまいます。
さらに、眼精疲労の場合、症状は眼だけではなく、身体にも多く出てきます。
肩こりや倦怠感、激しい頭痛、めまいや激しい吐き気などといった身体的な症状が全身に出てきてしまいます。
ひどいときにはこれらの症状によって、日常生活に悪影響が出る場合も多くあります。

眼精疲労に似た症状を持つものには、眼疲労というものがあります。
眼疲労の場合、症状は眼精疲労と同じで、その症状は時間の経過によって、症状がやわらぎ、改善され、症状がなくなっていってしまいます。

しかし、眼疲労と違って、眼精疲労は時間の経過によってすべての症状がやわらぐというわけではありません。
ひどいときには、睡眠などの休息をしっかりととっても症状が改善しない、ということもあります。
この場合、早急に眼科医に受診し、適切な治療を受ける必要があります。

耳鳴りのお悩み

184686010身体に何かしらの不具合が発生してしまった場合では、その症状によって適切な病院に行き、治療を行って頂くことが何より大切なことになります。具合が悪いままの状態で放置してしまった場合では、自然治癒が難しい病気の場合では、余計に症状が悪化してしまう可能性もあるので、しっかりと対処を行いたいものです。そんな中、急に耳鳴りが発生してしまう不具合に遭遇してしまう方がいます。その対処方法としては耳鼻科に行くことが先決となります。耳鳴りの場合では、原因が完全に解明されていない部分があり、実は現在でも研究が進んでいる分野になります。

 

一般的には服薬によって治療を行うことが基本とされていて、中にはストレスなどを原因として発症してしまう方も多いために、神経薬などが処方されることもあります。実際に薬を服用することによって、改善が見られる方も数多くいるのですが、中にはメニエール病にまで発展してしまう方も多く、各種治療が施されています。投薬によっての治療があまりに長引いている場合では、鍼灸やカイロプラクティックなどを組み合わせることによっても改善されているとの報告も存在しています。どのような症状であっても、早期に受診しておくことは大切なことです。

 

「耳鳴り」と簡単に言うと、なんともたわいもないもののように感じてしまいますが、原因が様々なのでたちが悪いのです。生理的原因、ストレス、その他の病気を派生とするもの。命に係わる訳ではありませんが、病気に起因する場合はやはり放置しないで治療しましょう。大体は耳鳴りの音によって原因が分かる場合があります。こちらのサイトを耳鳴りの治療に役立てて下さい。

肩こりの悩み

肩こりと聞くとただ単に肩の周辺が痛いだけだと思うかもしれませんが、実は肩以外の部分にも様々な弊害を引き起こしてしまいます。例えば目の奥が重くなってしまったり、風邪でもないのに鼻が詰まってしまうといった弊害が現れてきます。また、肩こりが原因となって頭痛が起こるというのもよくあることです。これらの原因としては肩こりによる血行不良が挙げられます。肩こりで血行が悪くなると頭に栄養があまり回らなくなってしまうためこのような様々な弊害が引き起こされてしまいます。

 

また脳に酸素が行かないことによって、仕事に集中できない、記憶力が悪くなるなどの弊害も見られることがあります。この他にも自律神経の乱れによって引き起こされる症状も肩こりによって見られる場合があります。例えば布団に入っても眠れなかったり、しっかり寝たつもりでも朝全然疲れていないといった場合も肩こりが原因である可能性があります。これは肩こりが気になってしまって眠れないというのと、肩こりによって肩の筋肉が緊張してしまい交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうことが原因だとされています。このような肩がこる以外の弊害も見られるようになってしまう前に早めに整骨院などに行って治してもらうことが大切です。

脳機能低下の悩み

年齢を重ねても、若々しい脳を保ちたいと考えている方がほとんどです。
今の脳年齢を80代、90代まで保つためには、脳に良い食品を摂取することが大切です。
認知症は、脳梗塞などの病気やアルツハイマーなどが原因になっています。
糖質や良質なたんぱく質、ビタミンBやビタミンE、葉酸、DHAやEPAなどは、脳の働きを活性化する効果があります。
日常の生活では、適度に運動をするようにしたり、精神的ストレスを溜めないように工夫をしたり、他人と積極的に交流を持つことも大切です。
規則正しい生活を心掛けるようにして、メリハリのある生活をするように努力をしましょう。

脳を活発に働かせるには、人間に必要なエネルギー源のタンパク質・脂質・糖質をバランス良く摂取することはもちろん、ビタミンやミネラルなどをはじめ、様々な食品が必要になります。
脳の重要なエネルギー源はブドウ糖ですが、脳に蓄えられるブドウ糖は数時間から10時間分と言われています。
ブドウ糖を含む食品は炭水化物と砂糖で、炭水化物が不足すると血糖値が下がり、脳の機能が低下しますので、活発に活動させるためには炭水化物を充分に摂取することが大切です。
米は炭水化物を含むので良いのですが、白米に玄米や胚芽米、麦などを混ぜるとビタミンも吸収でき、バランスが良くなります。
他にも鮭や大豆、クルミ、カレイなどに含まれるオメガ3脂肪酸は、記憶の発達に役立つと言われています。
体に良いとされているベリー系も脳にプラスに働きます。
記憶の老化を防ぎ、空間認識能力にも良い影響を与え、血糖値を下げたい場合にも有効です。
また適量の赤身の肉は鉄分を補うことが出来ます。
鶏肉や魚などをタンパク源としている場合、鉄分が不足することが多くあります。
鉄分不足は脳の機能に大きな影響を与え、アルツハイマー病のリスクを高めると言われています。
ダイエットで脂肪の摂取量をコントロールしても、鉄分をカットしないように心がけることが大切です。

食品だけでは、必要な栄養素を摂取するのは難しいのでサプリメント類を摂取することをお勧めします。
近くに健康食品を取り扱っているお店が少ない場合は、通販のお店を利用すると自宅に届けてもらえるので、大変便利です。
定期的に購入をすると、割引価格で購入できるお店も紹介されているので、利用されると良いでしょう。
高品質で上質な素材を使用している、サプリメント類を販売しているお店を選ぶことが大切です。
信頼できる商品を取り扱っている、経験と実績が豊富なお店をえらぶようにして下さい。