気になる症状は早めに改善!食とサプリで健康キープ

眼精疲労の危険性

眼精疲労は長時間物を見ることによっておこり、その弊害は日常生活に重大な悪影響を及ぼす場合が多くあります。
眼精疲労になってしまうと物を見るだけで、目に疲れを感じたり、目に痛みを感じたり、目が充血したり、目が重く感じたり、しょぼしょぼしたり、物がぼやけて見えたり、と普段できていることが普通にできなくなってしまいます。
さらに、眼精疲労の場合、症状は眼だけではなく、身体にも多く出てきます。
肩こりや倦怠感、激しい頭痛、めまいや激しい吐き気などといった身体的な症状が全身に出てきてしまいます。
ひどいときにはこれらの症状によって、日常生活に悪影響が出る場合も多くあります。

眼精疲労に似た症状を持つものには、眼疲労というものがあります。
眼疲労の場合、症状は眼精疲労と同じで、その症状は時間の経過によって、症状がやわらぎ、改善され、症状がなくなっていってしまいます。

しかし、眼疲労と違って、眼精疲労は時間の経過によってすべての症状がやわらぐというわけではありません。
ひどいときには、睡眠などの休息をしっかりととっても症状が改善しない、ということもあります。
この場合、早急に眼科医に受診し、適切な治療を受ける必要があります。