気になる症状は早めに改善!食とサプリで健康キープ

食生活で体元気!

食とサプリで体元気!

477163091食事の内容改善による健康法は、様々なものが紹介されています。意見も様々で、何が本当なのかもよく分かっていないのが現状です。栄養学や理論よりも、実際に自分の体で実験してみて、判断することをおすすめします。体質は人それぞれですから、他の人には素晴らしいものでも、自分には合わないこともあるからです。

1つ言えることは、実験を分かりやすくするために、なるべく少ない品数のものを食べるようにした方が良いです。余りにも多品目を食べていると、何がどう良いのかも感じられなくなってしまうからです。それに、最近の学説では、消化酵素を抑えた方が消化が良くなり、健康的になれると言われ始めています。消化酵素は品目毎に異なるので、なるべく少ない品数を食べるようにするのが良いというわけです。

実際に実験してみると、実に多くのことが分かります。頭では分からなくても、体では感じられるのです。メカニズムについては、全く分からない人が多いでしょうが、自分が良いと感じるなら、それは間違いなく体に良いものです。時には、常識や理論とは異なる結果も出ますが、自分の体の感じ方を信じて、直感で判断するようにした方が賢明です。なぜなら、体は体に良いものを知っていますし、感じられるようになっているからです。

ポリフェノールで健康

現在の健康ブームによって何かの効能に特化した食品を摂取することが人気となっていますが、その特化した食品の中でも特に抗酸化作用と言う部分に置いて食べると飲む事が多くなったのが赤ワインと言えます。この赤ワインと言うのはブドウを皮ごと絞りそれを酵素によってアルコールにし蒸留してできるお酒ですが、このブドウの皮にはその抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含まれているため女性に限らず男性でも飲む人が増えているのです。

その赤ワインの上手な選び方として最も重要な事がそのポリフェノールが重要な要素となっており、それはポリフェノールの主成分であるタンニンに関係しています。このタンニンは赤ワインの味の要素である渋みとして含まれているのですが、このタンニンが含まれているほど赤ワインは保存性の高いお酒となりそして長い年月をかけるとタンニンが変わることで色が濃くなっていきうまみも増すので色が濃いのを選ぶことが良いと言えます。しかし若いものはタンニンが濃いのですが渋みがあるため味が口の中で残らないので日本料理を食べる際にはこの若いワインを、そして先に言った年月をかけてタンニンが薄まりその分味わいが濃くなったワインはそのまま西洋の料理に使う事がお勧めです。



        »