気になる症状は早めに改善!食とサプリで健康キープ

痛風の悩み

30代を超えて通風になる人が増えているようですね。というか、20代の4人に1人は通風予備軍だと言われています。その原因は、乱れた食生活にあると言われています。通風はプリン体の多いものを食べ過ぎが原因です。特に、ビールにはプリン体が多く含まれています。もっと具体的に言うのなら「30~50代の男性で肥満気味、ビールと味の濃いおつまみをよく食べ、生真面目で日常的にストレスを抱えている人」ということになります。皆さんの周りにそんな人は山ほどいませんか?現代人とは切っても切れない病気なのかもしれません。そこで、通風予防としてお勧めなのがアンセリンという成分のサプリを日常から飲むことです。アンセリンは疲労回復に効果があることで知られていましたが、最近の研究では尿酸値を下げ、通風を予防する効果があることも分かっています。

アンセリンとは魚類の筋肉に含まれる成分です。特に遊泳能力の高いマグロ、カツオなどの魚に多く含まれています。その効能はまず、疲労の改善です。アンセリンは疲れのもとである乳酸をエネルギーに変え、蓄積を軽減するので、摂取してから運動をすると疲労しにくく、運動が持続しやすくなります。また、抗酸化作用があるため、筋肉痛の予防にも役立ちます。

次に痛風の予防です。痛風とはプリン体の過剰摂取によって血液中の尿酸値が高くなることで起こる症状です。慢性的症状の場合には激痛を伴うことがあり、風が吹いても痛いことから痛風と言われています。そんな痛風ですが、アンセリンを摂取することで、尿酸値を下げる効用があります。また、尿酸値が高いと痛風だけでなく、腎不全、尿路結石、動脈硬化、心筋梗塞など様々な生活習慣病や、メタボリックシンドロームの罹患のリスクが高まります。よって、アンセリンの摂取によって尿酸値をコントロールすることで、様々な病気のリスクを軽減できるのです。

また、アンセリンは抗酸化作用があるので、体や肌を若々しく保つ、アンチエイジングなどの美容目的にも役立ちます。サプリメントで手軽に摂るのもいいですし、マグロやカツオなどの食品から摂取するのもおすすめです。