気になる症状は早めに改善!食とサプリで健康キープ

ポリフェノールで健康

現在の健康ブームによって何かの効能に特化した食品を摂取することが人気となっていますが、その特化した食品の中でも特に抗酸化作用と言う部分に置いて食べると飲む事が多くなったのが赤ワインと言えます。この赤ワインと言うのはブドウを皮ごと絞りそれを酵素によってアルコールにし蒸留してできるお酒ですが、このブドウの皮にはその抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含まれているため女性に限らず男性でも飲む人が増えているのです。

その赤ワインの上手な選び方として最も重要な事がそのポリフェノールが重要な要素となっており、それはポリフェノールの主成分であるタンニンに関係しています。このタンニンは赤ワインの味の要素である渋みとして含まれているのですが、このタンニンが含まれているほど赤ワインは保存性の高いお酒となりそして長い年月をかけるとタンニンが変わることで色が濃くなっていきうまみも増すので色が濃いのを選ぶことが良いと言えます。しかし若いものはタンニンが濃いのですが渋みがあるため味が口の中で残らないので日本料理を食べる際にはこの若いワインを、そして先に言った年月をかけてタンニンが薄まりその分味わいが濃くなったワインはそのまま西洋の料理に使う事がお勧めです。